一時的な感情で辞めてしまったら

看護師資格を持っていれば、退職しても再就職は可能です。だからといって、安易に辞めるのは得策ではありません。現代の日本はいくら能力主義になったとは言っても、長い付き合いのある看護学校からの定期採用を続けているところが多いのです。

特に病院で働く看護師は人々の命や生活と深く関わっているため、欠かすことができない人材として、看護学校から毎年大量の定期採用しています。看護学校の先輩・後輩の縦関係は、内定前は看護学校のOB・OGとして看護現場の話を母校で講演したり、内定後は現場の新人教育にもその関係性が続いていく場合が多いです。さらに将来的に優秀な看護師が育てば、その後もその看護師の出身校から採用することもありますので、看護学校と病院との関係は切っても切れない関係になります。

結婚やご主人の転勤、出産・子育てなど、ライフスタイルの変化が理由で辞めるのであれば、学校や病院にとっても仕方のない退職です。しかし入所して1~2年程度で、上司である婦長やドクターとの人間関係のトラブルなど一時的な感情で辞めるとなれば、出身校にも影響がないとは言えません。これは何を意味しているかと言えば、最悪の場合、翌年度からの看護学生の定期採用を見送ることになってしまいかねないのです。

確かに、最近は転職サイトでも簡単に看護師の登録をして、再就職が出来るという話はよく聞くことで、辞めても再就職は可能と言えるでしょう。しかし退職という決断をする前に、自分の将来的な給料や手当のことなどを、現実的に考えてみることも大切です。例えば、転職すると中途採用となるので、給料は1年目からの再スタートとなります。当然、退職金は3年経たなければもらえませんし、ボーナスは査定期間を満たさなければもらえません。一般的にどこの病院でも、長く働けばそれだけ給料が上がる仕組みになっているので、再就職の給料や手当に関しては、中途採用者は不利な状況と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です